【コンビニバイト入門】そうだったのか!初心者の不安を一発解消

コンビニと飲食店の店長の経験を持つ管理人がコンビニバイト初心者の疑問を解決します。

【コンビニバイト新聞】コンビニはネタの宝庫。

巨乳のコンビニバイト女子

コンビニバイトをやっていると色々な客が来るから面白い。

バイトにも強烈なキャラクターがいたりする。

中でもおばちゃんバイトは最高だ。

笑えるネタ満載でお送りいたします。

第1話 あんた神様かよ!?

耳が遠い神様のイラスト

とある病院内コンビニでの出来事。

【登場人物 バイト佐藤くんと客の爺さん】

以下、レジでの二人の会話です。

佐藤くん 「レジ袋はいかがなさいますか?」

爺さん 「え?俺は池袋からバスだよ。」

佐藤くん「いやそうじゃなくて(^^;) レジ袋はいりますか?」

※バイトA君がレジ袋を爺さんに見せながら聞き直す。

爺さん 「おう、くれよ」

佐藤くん「一枚3円ですけどよろしいですか?」

爺さん 「え?俺は肝炎じゃねえよ、肝臓癌だよ!」

佐藤くん「だめだこりゃぁ。。。」

※デレレレレ...♪(ドリフ大爆笑の効果音)

【管理人からひと言】

まるでドリフ大爆笑の定番コント、しむけんの「えっ?何言ってんだよわたしゃ神様だよ!」を彷彿とさせる出来事でした。

第2話 自然食品の店へ行け!

原木椎茸の有無を聞く婆さん

【登場人物 バイト佐藤くんと怪しい婆さん】

※夕方5時ごろ怪しい婆さんが来店

佐藤くん 「いらっしゃいませぇ~」

※婆さんが缶詰や調味料を置いてあるコーナーに向かう

婆さん 「すみませ~ん」

佐藤くん 「はい」

※佐藤くんが婆さんの所に行く

婆さん 「ねえ、原木シイタケってないかしら?」

佐藤くん 「げ、げんぼくしいたけ。。。ですか?」

【管理人からひと言】

逆に、原木椎茸を置いているコンビニがあったら教えて欲しい。。。

第3話 じゃあなぜ聞く?

コンビニのレジ横にある中華まんの什器

【 登場人物 バイト佐藤くんとおばちゃんバイトの遠さん】

※遠さんは16時であがるのだが、いつも中華まんの在庫を気にする癖がある。

毎日入れ違えで16時に出勤する佐藤くんに中華まんの仕込み数を聞くのがお約束になっている。

遠さん 「じゃあ私、上がりますけど肉まん何個入れておきますぅ?」

 ※はぁ。。。また来たか。別に何個でもいいよ(怒)と心の中で思いながら

佐藤くん「そうですねぇ、2個でいいんじゃないですか?」

遠さん えっ!2個じゃ少ないんじゃない?

佐藤くん「じゃあ3個でお願いします(^^;)」

遠さん 「そうよね。3個でいいわよね!じゃ、入れときま~す。」「お疲れ様でしたぁ~」

【管理人からひと言】

答えが決まってんなら最初から聞く必要ありますかね?

しかも、「お先に失礼します。」なら分かるけど「お疲れ様でしたぁ~」は佐藤くんのセリフだと思うんですけど。

おばちゃんて自由だ。

第4話 くりかえすこのポリリズム?

ブラザー系外国人男性客

【登場人物 バイトの佐藤くんとブラザー系外国人男性客 サミエル.L.ジャクソン風】

※深夜のコンビニに日本語が堪能なブラザー系外国人が来店

佐藤くん 「いらっしゃいませぇ~」

※サミエルが栄養ドリンク(業界用語で栄ドリ)コーナーに行く、ドリンクを選び佐藤くんのレジに来る

佐藤くん 「いらっしゃいませ、ありがとうございます、ピッ♪ こちら1点で641円です。」

サミエル 「ワッツ!?641エンモスルノ?162エンジャナイ?

佐藤くん 「こちらはアリナミンV&Vなので高いんですよ。162円は隣のアリナミンVの方です。」

サミエル 「ジャァ、イラナイ」

※サミエル、何も買わずに退店

 

※約1週間後、深夜にブラザー系外国人客来店

佐藤くん 「いらっしゃいませぇ~」

※ブラザー系外国人客が栄養ドリンク(業界用語で栄ドリ)コーナーに行く、ドリンクを選び佐藤くんのレジに来る

佐藤くん 「いらっしゃいませ、ありがとうございます、ピッ♪ こちら1点で641円です。」

ブラザー系「ワッツ!?641エンモスルノ?162エンジャナイ?

佐藤くん 「こちらはアリナミンV&Vなので高いんですよ。162円は隣のアリナミンVの方で。。。あれ?この会話なんか前にあったなぁ」

ブラザー系「ジャァ、イラナイ」

※ブラザー系、何も買わずに退店

 

※そのまた1週間後、またアリナミンV&Vを選ぶであろうだと一目で分かるブラザー系外国人客(サミエル似)が来店

佐藤くん 「いらっしゃいませぇ~」

※奴が栄養ドリンク(業界用語で栄ドリ)コーナーに行く、ドリンクを選び佐藤くんのレジに向かって来る

※この時佐藤くんは思った『ハァ、また同じ会話をするのかなぁ。いやでもいくら何でも3回目はないだろう。2回も説明したんだから今回はちゃんと162円のアリナミンVを持ってくるはずだ。』

※しかし佐藤くんの淡い期待はもろくも崩れ去るのであった

佐藤くん 「いらっしゃいませ、ありがとうございます、う”!これはまたあれじゃないか。。。ピッ♪ こ、こちら1点で641円です、けど。。。」

※この時佐藤くんは思った『2回も間違えて3回目も間違えるとは、どんだけ頭がおかしいんだこの人は。。。』

サミエル 「ジャァ、ワオンデ」

佐藤くん 「えっ!?」

※ワオ~~ン♪

佐藤くん 「あ、ありがとうございました。」

【管理人からひと言】

その日は給料日だったのか?サミエルYo!?